会社案内

会社概要

商号
イハラ鋼業株式会社
所在地
蟹江工場
〒497-0044 愛知県海部郡蟹江町蟹江新田道西22
本社
〒467-0853 愛知県名古屋市瑞穂区内浜町22-26
創立
1951年8月(設立1957年8月)
資本金
2400万円
代表者
代表取締役社長 庵原英樹
執行役員
4名
従業員数
正社員63名/パート14名
男性63名/女性14名 計77名(2019年2月現在)
本社
敷地面積825㎡(250坪)
建物
750㎡(227坪)
工場
敷地面積9820㎡(2976坪)
総床面積
総床面積3110㎡(942坪)
営業品目
ばね設計・製造、プレス加工、機械加工、溶接、組付、薄板レーザー切断(試作も可)
部門種別(8部門)
線ばね部門、板ばね部門、プレス部門、溶接加工部門、機械加工部門、組付部門、品質管理部門、業務部門
主な納入先
(株)東光高岳、オークマ(株)、(株)IHI回転機械エンジニアリング、愛知時計電機(株)、大同特殊鋼(株)、
タカオカ化成工業(株)、(株)ハアーモニー、(株)クオリ、カリモク家具(株)
主な仕入先
鬼頭鋼材(株)、平野鋼線(株)、中島特殊鋼(株)、水野金属商事(株)、モリテックスチール(株)
取引銀行
百五銀行富吉支店、愛知銀行堀田支店、蒲郡信用金庫名古屋南支店、名古屋銀行内田橋支店、中京銀行熱田支店、
三菱UFJ銀行堀田支店
加入団体
日本ばね工業会、中部産業連盟、(株)船井総合研究所、愛知県溶接協会、愛知県職業能力開発協会、
名古屋市工業研究所
協力工場
9社
関連会社
(有)大和商工(機械工具・一般ばね販売部門)

社歴

1951年 8月
名古屋市瑞穂区で、スプリング生産を開始
1951年10月
(株)豊和産業の協力工場となる
1954年 1月
工場移転・拡張のため現本社所在地に合資会社を設立
1957年 8月
株式会社に改組。資本金100万円
1958年 8月
庵原鋼業設立
1960年 8月
イハラ鋼業(株)に変更
1961年 2月
業務拡張のため金属プレス加工部門を立ち上げる
イハラ機器有限会社を設立、蟹江工場とする
1969年 8月
資本金600万円に増資
1973年 8月
資本金1200万円に増資
1978年 8月
2ヶ所の向上を集約して、現工場にする
1989年 8月
資本金2400万円に増資
1992年 8月
「金属複合加工」をテーマに多品種小ロット生産、設計、試作へ業務展開
持ち株会(20%)発足
2001年 7月
執行役員制度の導入
2007年 2月
第2工場竣工
2010年 8月
国道一号線拡幅に伴い一部立ち退きのため第三工場建設
2011年 1月
第3工場竣工
2011年 4月
第3工場稼働開始・全工場設備レイアウト変更
2013年 8月
3次元測定機を導入
2015年 6月
チタン溶接技術において特許取得
2016年 4月
300tサーボプレスを導入
2016年10月
ロボドリル(α-D14LiB5)を導入
2017年 2月
工場跡地の隣地1300坪取得
2018年 1月
観覧車型整理棚で実用新案取得
2018年 5月
3次元傾斜テーブル連動型溶接ロボットを導入
2018年 7月
ロボドリル(α-D21LiB5 ADV)を導入
2018年12月
レーザー加工機を導入

国家検定取得者数

金属ばね製造
線ばね  1・2級技能士  9名
薄板ばね 1・2級技能士 10名
構造物鉄工作業
1・2級技能士 10名
製図検定
1・2級技能士  9名
普通旋盤作業
2・3級技能士  3名
イハラ鋼業株式会社 スタッフ一同



scroll-to-top